TOP PAGE WELCOME ABOUT US MEMBER SCHEDULE EVENTS COURSE CONTACT LINK    

 活動報告(2016年-2)
1609 『稲門医師会・稲門法曹会合同シンポジウム』に参加して

日時 :2016年11月27日(日)
場所 :日経カンファレンスルーム
参加者:羽鳥 裕、中山 久徳、中里 義博、宮田 俊男、古賀 達郎、後藤 勝博、中條 智美、武田 淳史
 2016年11月27日の「稲門医師会・稲門法曹会共済シンポジウム」には、一般の方も含めて大勢ご参加頂き、本当に有難うございました。お蔭様で、苦労して準備した私の「早稲田出身の医師の現状〜アンケート結果をふまえて〜」も好評を頂き、後半の「柳原病院事件を考える」も、「オールスターキャスト」の客席のご協力もあって、非常に有意義な議論ができました。
 医療現場の「わいせつ事件」の再発予防対策として、司法側からは、
1.男性医師が女性患者さんを診察する際、必ず看護師を立ち会わせる。
2.患者さん・ご家族のクレームは(事務方が)録音する。
などのご提案が出て「一理ある」と考えた一方で、医療現場にいる者としては、最後の最後の坂根みち子医師(坂根Mクリニック院長)の、「必ず看護師を立ち会わせろとか、録音しろとか、現場では非常に難しいのです。司法側から医療現場に要望を言うだけでなく、司法側こそ変わって欲しいのです。」という「鶴の一声」も心に響きました。
 医療と司法がこれ程率直に語り合えたことは、奇跡と言っても過言ではないと思います。閉会後も、「まさに、相互理解が大切ということですね。」「客席を含めてオールスターキャストをしっかり集めるところが、このようなシンポジウムが成功する秘訣ですね。」「法曹会との合同シンポジウムは今後も積極的にやりましょう。」などのご感想を頂きました。
 思い返せば、一年と少し前の2015年11月20日のことです。早稲田大学交響楽団の一代下の後輩が、「わるこさん、早稲田学報にこんな記事が載っていましたよ。」とメールを送ってくれました。添付してあった見開きの写メの「集まれ!早稲田交友の医師たち 早稲田大学稲門医師会設立総会と懇親会開催のお知らせ」という文字を見た時の驚き、興奮、そして、震えるような喜びは、その後、実際に総会と懇親会に出席した際に、さらに膨らみました。会長の羽鳥裕先生、幹事長の中山久徳先生を始め、心から尊敬できる、しかし、初対面でも旧友であるかのような錯覚に陥るほど気さくに話ができ、多くを共有できる会員や関係者の皆様との出会いが待っていたからです。
 その後も、理事会、稲門祭などの活動を通して、稲門医師会の魅力を堪能して参りましたが、特に今回のシンポジウムでは、「回り道医師」、「回り道医療者」である私たちが、「回り道弁護士」である稲門法曹会の皆様と連携し合うことや、また、一般の皆様にもご参加頂いて語り合うことの大切さを学ばせて頂きました。
 さらに懇親会では、一般の皆様もご一緒に人脈を広げつつ、熱意にあふれるキラキラした瞳の学生さんや若手医療者、若手司法関係者たちと、診療科選択やキャリアプランについて語り合ったり、助言を求められたりして、熱い夜は更けていきました。
 ご参加の皆様、ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。(文:杉原 正子)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1609 早稲田大学校友会 稲門医師会 設立記念「稲門医師会・稲門法曹会合同シンポジウム」御案内
 稲門医師会は早稲田大学公認の校友会として、2016年1月31日に発足いたしました。早稲田大学に医療系の学部はありませんが、校友の医師・歯科医師・看護師・薬剤師は多く、すでに会員数は230人に達しております。このたび、稲門法曹会のご協力をいただきまして、稲門医師会設立記念シンポジウムを下記の要領で開催いたします。どなたでもご参加いただけますので、みなさまお誘い合わせのうえお越しください。
●日時:2016年11月27日(日)13:00〜16:.00(開場12:30)
●会場:日経カンファレンスルーム 東京都千代田区大手町1-3-7日経ビル6階(地下鉄大手町駅C2b出口直結)
 第1部「稲門医師会ってどんな集まり?」 稲門医師会のご紹介、早稲田出身の医師の現状
 第2部「柳原病院事件を考える」 本件事案の概要と論点整理、麻酔によるせん妄について、刑事司法について、パネルディスカッション
 登壇者 中山 久徳医師、杉原 正子医師、大礒 義一郎医師・弁護士、鈴木 宏昌医師、趙 誠峰弁護士
●参加費(資料代・会場費):2,000円 当日受付でお支払いをお願いします。 ※学生は無料です
●お問い合わせ:稲門医師会事務局 メール(略)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1608 四季の会 冬の陣(ひょうたん稲門会 忘年会)

日時 :2016年11月25日(金)
場所 :味処 ひょうたん

参加者:羽鳥 裕、中山 久徳、中里 義博、宮田 俊男、古賀 達郎、後藤 勝博、中條 智美、武田 淳史

 2016年11月25日午後7時より、神田「ひょうたん」にて忘年会が開催され、稲門医師会からも8名が参加し、全体で23名のふぐ料理を食べながらの楽しい稲門交流会が行われた。
 そもそも、このひょうたん稲門会は、4年前から千代田、中央稲門会を中心に異業種交流、23区代表者親睦会の形でスタートし年3回ほど不定期に開催されてきた。
 今回初めて羽鳥会長をはじめ稲門医師会メンバーとその他の稲門会会員の交流が出来たことは両者にとって大変有意義な、喜ばしいことと感じている。
 今後も機会を作り、稲門医師会のメンバーには、「ひょうたん稲門会」に参加して頂きたいと考えています。(文:武田淳史)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1607 初参加の稲門祭

日時:2016年10月23日(日)
場所:早稲田大学 早稲田キャンパス

参加者・協力者:灰田 宗孝、大磯 義一郎、奈良 浩介、中山 理一郎、立山 俊朗、橋本 典生、寺島 正浩、笠置 真知子、小松 修、野村 忍、宮田 俊男、菱田 良平、嶋田 秀仁、杉原 正子、武田 淳史、羽鳥 裕、中山 久徳、中里 義博、吉川 達也、大庭 容子、古賀 達郎、小野寺 敏、石渡 智子、中條 智美、山田 紘理、紀平 浩幸、後藤 勝博、鈴木 宏隆、中里 義博先生御子息

 2016年10月23日の稲門祭は秋晴れのもと、稲門医師会発足後、校友会行事に団体としての初参加であった。
 会場は正門を入って左手の会津八一記念博物館脇の一角にテント設営で陣取った。
 前日までの準備などは中山幹事長・中條副幹事長他が行い、各種配布物は当日朝に中里が搬入した。
 会場設営は共同作業で校友会旗やシンボルマークを貼りつけながら行った。
 当日テント内では、呼びかけに応募していただいた医師15名、歯科医師3名、薬剤師2名、看護師2名、学生1名、サポーター1名、事務局2名、他1名の29名が協力してくださった。
 人数は少ないながらも、来場者は熱心に講義を聞き入ってくれた。
 テント内での講義は健康講座や薬に関することを、またテント前面には各種相談、心の相談、歯科相談コーナーを設けた。
 いくつかの薬品会社やメーカーなどからの協賛を頂き、中山幹事長以下会員が来場者に声をかけ物品配布を行った。
 時には立ち止まって熱心に稲門医師会のことを聞いて下さる方もいて、名刺交換なども行われ本当に嬉しかった。
 風が吹き付ける中、初めての参加は次回につながる良い経験となった。

 一方、8号館地下1階では、公開シンポジウムとして「ワセダが介護を快護にかえる」と題した講演も行われ、灰田副会長・大磯理事が熱弁を展開し、大いに会場を盛り上げた。
 終了後は記念撮影をして、その後反省会を高田馬場のイタリアンで行い、こちらも大いに盛り上がった。
 当日参加協力していただいた会員各位にこの場をお借りして感謝する次第です。(文:中里 義博)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

早稲田大学校友会「稲門医師会」 E-mail:tomonishikai2016@gmail.com Copyright (C) 2016 Waseda Medical Alumni. All Rights Reserved.