TOP PAGE WELCOME ABOUT US MEMBER SCHEDULE EVENTS COURSE CONTACT LINK    

 校友会支援講座(冬学期)  本会では、今年は早稲田大学に下記の支援講座を提供しております。

 ※ 秋学期の講座については、こちらをクリックしてください

 2020年度から校友会支援講座の内容を大幅に変更し、装いも新たにした講座として生まれ変わりました。
 科目は以下の通りです。

「医療×AI・ビッグデータ・IoT」(春学期)
「医療×ビジネス・経済・経営」 (夏学期)
「医療×超高齢化社会・キャリアデザイン」 (秋学期)
「医療×行政・法・倫理」 (冬学期)
--------------------------------------------------
 冬学期の講座の詳細は下記の通りです。
[科目名] 医療×行政・法・倫理(早稲田大学校友会支援講座)
[科目副題] 早稲田出身の医療人発「健康・医療δ」

[授業の概要]
 早稲田大学出身の医師・歯科医師・看護師などの医療人や医療・医学の分野で活躍している研究者は多く存在しています。
   本講座は、医療・医学の関係者であり、かつ早稲田大学のOB・OG・教員によるオムニバス形式の講義となります。
 現在、そして今後、IT・IoT関連の業界、銀行・ファンド・保険の金融業界、超高齢化社会を睨んだビジネス界などで、がん・循環器系疾患・生活習慣病などの病気に対する医療の基礎知識、介護に関わる制度や法律、及び年金や医療保険など社会保障制度の知識が求められています。また、ビックデータをAIなど先端テクノロジーを使って、医療・医学の発展に寄与したり、メディカル・バイオの分野などで起業や新規事業に関わったりするためには、医療の現場や医療システムの現状、将来の社会保障制度や社会システムのあり方、医療に関わる倫理観や法知識など知らなければなりません。今後の進学・就職やビジネスチャンスに繋がるアイデアなどが浮かぶ可能性がある、ちょっと知って得する医療・医学の知識を習得できる講義となります。本授業では、「医療 x 行政・法・倫理」をテーマにします。医学部がない早稲田大学の卒業生の先輩方や教員が現場の医療を語り、何を考え医療に取り組んでいるのか、また、今後、早稲田生が医療・医学にどのように貢献できるのか、など楽しく講義を展開します。
 なお、「医療 x AI・データサイエンス・IoT」(春期)、「医療 x ビジネス・経済・経営」(夏期)、「医療 x 超高齢化社会・キャリアデザイン」(秋期)の受講を強く推奨します。
 本授業は、GECの学術的副専攻「健康・医療」コースの科目であり、本学の「健康・医療」の系統的な教育に資するものです。

[授業の到達目標]
 超高齢化社会を迎えるわが国において、「医療・介護・福祉」における現状と未来に向けての課題を理解し、それら課題を解決するために必要な制度、法律などの規則、および政策について議論できる能力を身に付ける。さらに、先端技術が医療や医学の現場に導入されることでますます重要となる生命倫理や医療倫理の基礎知識を身に付け、超高齢化社会において考えておくべき事例など構想できる能力を養成することを目指します。

[事前の準備・事後の学習]
 各回のテーマに沿った事前課題をコースナビより通知します。授業後、学んだことを感想とともに提出します。予習・復習に各20分ほど必要となります。
 [授業のスケジュール]
第1回 11月23日 5限:「オリエンテーション・概論:本授業の狙い」
朝日 透(早稲田大学理工学術院・教授)

第2回 11月30日 5限:「超高齢化社会における社会システム改革」
野口 晴子(政治経済学術院・教授)

第3回 12月7日 5限:「医療と行政」
宮田 俊男(医療法人社団DENみいクリニック・理事長/株式会社Medical Compass・代表取締役社長CEO/大阪大学医学部・招聘教授/京都大学産官学連携本部・客員教授/国立がん研究センター・政策室長)
朝日 透(早稲田大学理工学術院・教授)

第4回 12月14日 5限:「医療と法」
ゲスト:大礒 義一郎(浜松医科大学・法学教授/稲門医学会・副会長)
朝日 透(早稲田大学理工学術院・教授)

第5回 12月21日 5限:「医療倫理・生命倫理」
ゲスト:杉原 正子(独立行政法人国立病院機構東京医療センター・医師)
朝日 透(早稲田大学理工学術院・教授)

第6回 1月18日 5限:「生殖医療と倫理的・法的問題」
ゲスト:秦 奈峰子(太田・佐藤法律事務所・弁護士/産婦人科・医師)
朝日 透(早稲田大学理工学術院・教授)

第7回 1月25日 5限:「政策シンクタンクからの医療への貢献」
ゲスト:栗田 駿一郎 (日本医療政策機構)
朝日 透(早稲田大学理工学術院・教授)

第8回 2月1日 5限:「我が国の社会保障政策 〜医療介護福祉の政策のイノベーション〜」
ゲスト:川端裕之(厚生労働省 社会?援護局 福祉基盤課 福祉人材確保対策室長)
朝日 透(早稲田大学理工学術院・教授)

[評価]
学部生 試験 なし
レポート 70% 毎回、授業の感想を提出する。
平常点評価 30% 毎回の授業において出席をとると同時に授業への積極性を評価する。なお、4回以上の欠席は成績は不可となる。

[備考・関連URL]
 ゲストの順番が前後したり変更することもある。
稲門医師会  http://tomonishikai.com/index.html
問合せ教員:朝日透(tasahi@waseda.jp)
 シラバスの内容はオンライン授業となる前の情報となっています。
 2020年8月時点で、本科目は「オンライン授業(オンデマンド+リアルタイム配信)」で授業を行う予定となっています。
 したがって、授業内容や実施方法が変更になることがあります。
 また、今後の新型コロナウイルス感染拡大状況によって、さらに授業内容や実施方法が変更となる場合がありますので、その点、ご理解の上、科目登録を行うようにしてください。

早稲田大学校友会「稲門医師会」 E-mail:tomonishikai2016@gmail.com Copyright (C) 2016 Waseda Medical Alumni. All Rights Reserved.